未来のお肉? 培養肉 3/4

培養肉からクリーンミートへ

培養肉業界は人工肉の巨大なマーケットをゲットしようと躍起になっている

人工肉世界市場 2023年に1500億円規模に」なんて分析もあり・・・

日本経済新聞はミートレスな未来がやってくると論じたりと!

日本経済新聞「ミートレス」の破壊力 200兆円食肉市場を脅かす

にしても

日清食品のプレスリリースより

どうやって人の意識の壁を乗り越えていくかが

培養肉業界の目下の課題だ!

そんな中で出てきたのが、培養肉の新しい呼び名

クリーンミート

なぜクリーン?

畜産を伴わないお肉

殺生を伴わないお肉

・・・

ってことで畜産がまるで悪の権化のような煽り記事が

FAOは調査報告書「家畜の長い影」(Livestock’s long shadow)で「畜産業はもっとも深刻な環境問題の上位2.3番以内に入る」と発表

などなど

牛のゲップが環境問題?

って感じで環境問題を切り口にされたり・・・

でもね

嘘も100回言えば真実になる

っていうかすべてが嘘ではないから

きっと僕らは培養肉を受け入れることになる

つづく

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です