窒素が余ってしまう 4/7

人工湿地でバイオガス発酵消化液を処理するには

日本大学工学部の中野和典教授の論文「重層型人工湿地の導入による既存汚水処理施設のグリーンインフラ化 」によると

バイオガス発酵消化液1㎥/日に対し人工湿地は100㎡必要

重層型人工湿地は4層構造の人工湿地のため

通常の人工湿地では400㎡必要

しかもその面積でも全窒素は600mg/L程度しか下がらないため

さら脱窒用の人工湿地が必要!

その脱窒用人工湿地はどれくらい必要になるかというと・・・

中野和典教授の論文「搾乳パーラー排水を処理する多段人工湿地における中長期的な物質収支と植物が及ぼす影響」

この論文から

全窒素(TN)600mg/L60mg/Lにする場合

廃水1㎥に対し通常の人工湿地で

185㎡が必要と推察

ってことで

400㎡+185㎡

で、1㎥バイオガス発酵消化液

環境省一律排水基準に合わせて処理するために必要な人工湿地の面積は

585㎡

例えば50㎥のバイオガス発酵消化液を人工湿地で処理するためには

ろ床面積だけで約3ヘクタール

投入廃水の濃度が濃すぎるため、ろ床に汚泥が溜まってしまった状態

つづく

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です