男はじぶんでばっかりハンドルをにぎっている

ここ数年、 農業女子の会の重鎮のドライバーをさせていただいている

なぜシュレック???

にしてもこの農業女子の会でよく出る話題は・・・

旦那がマシンに乗り
奥さんがマシンの介助

男性はトラクターのハンドルを握り、女性は助手席ではなく、トラクターの周りをトラクターではできないことのために走り回っているというのだ!

男性と女性の有意差のひとつは体力と言われているが
いったいどちらが体力的に大変そうだろうか?

にしてもそれって本当なの?

残念ながら本当だと確信する似たような事例に最近出会った

その事例は我が出身地つくば
そして実家の話である

母曰く

「お父さんは畑で野菜を作るだけ作って、後始末はぜんぶ私・・・」

この8月、すだちを間引きしながら聞いた話である。。。

すまぬ

母よ

男は「じぶんでばっかりハンドルをにぎっている」ものなのだ

シュレックの作者ウィリアムスタイグもそう言っている

ちょっと違うけど、いやぜんぜん違うかも・・・笑

僕らはとりあえずまずはそれを知るところから。。。

※2019年8月13日(火)の日記より

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です