カンボジアとの出会い 11/17

カンボジア人の身体を守るためにも排水処理は必要!

より強い使命を感じ調査を進める中、様々な協力者に出会う。

日本人研究者を紹介してくれた先の旅行代理店経営者もその一人だ。

彼女はやり手美人社長を地で行く感じで、カンボジアの様々なことに精通していた。

彼女の実体験を交えたカンボジアの話は調査を潤滑に進める上で非常に役に立っている。

そして彼女の会社で働く聡明な青年と出会う。

彼は孤児院で育ち、猛勉強の末に日本語を学び、ガイドの資格ばかりか通訳もできるスーパーマンだ。

クメール語は全然な僕にとって現地での彼の存在は大きい。

彼のおかげで細かい工事の打ち合わせが可能となったのだ。

現地の日本人研究者、カンボジアに精通したアドバイザー、そして信頼できる通訳者。

プロジェクトを進める上で必要な素晴らしい出会いがあった。

しかし次に進むためにどうしても必要なもう一人には最初の調査では出会えなかった。

それは現地の信頼できる行政マンだ。

つづく

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です