カンボジアとの出会い 2/17

僕はこれまでの5年間に8度カンボジアを訪問し、その都度孤児院で子どもたちと楽しい時間を過ごして来た。

しかしたくさんの疑問も感じた。

それは年々に大きくなり、実際に日本のマスコミで取り上げられるようにもなった。

もちろん取り上げられたのは問題の表層ですが。

社会というものを車に例えるなら、僕らはガソリンだけを寄付して満足してないだろうか?

その車は極端に燃費の悪いエンジンを積んで、一生懸命走っているがちっとも前に進まない。

だからまたガソリンを寄付・・・

その車に必要なのは効率よく前に進む仕組みなのに。

お金は必要だ。

しかし人は与えられることに慣れてしまう

そして与えられることに依存する。

映画「ショーシャンクの空に」から・・・

刑務所の壁はおかしなものだ。

最初はそれを憎み、次にそれに馴れてゆく。

時間が経つにつれそれに依存するようになってしまうんだ。

つづく

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です