バイオガス発電を考える 1/5

from ゲッティンゲン

ゲッティンゲン、この街は大学の街。

ノーベル賞受賞者を40人輩出したゲッティンゲン大学をはじめ三つの大学があり、人口の20%は大学生とのこと。

というわけでヴァイツェンビール(3.1ユーロ)を飲みながら街を散歩。

にしても外国人がなぜ京都が好きなのかわかった気が・・・

アスファルトでなく石畳が続く街並み。

高層ビルなどはなく、見上げれば街を見下ろしている教会の塔の鐘。

空が広い。

時折、鐘の音が・・・

時間の流れはゆっくりとしており、文化の成熟を感じさせる。

ふと自分がここに暮らすことを想像・・・

街中の古いアパートメント。

ひっそりと暗い階段のコンクリートを叩く靴音。

日本の最大の歴史遺産としての京都と大きく違うのは、新しい時代をも街並みの中に溶け込ませる懐の深い歴史。

昔ながらの街角にアップルストアが・・・

しかし違和感はない。

さて遊んでばかりと思われてはまずいので(苦笑)

主な再生可能自然エネルギーとは

  • 風力
  • 太陽光
  • 水力
  • 地熱
  • バイオマス(生物体)

ところで電気エネルギーに対する我々ができるアプローチとは

  • 節電
  • 省電
  • 蓄電
  • 発電

節電はご存知の通り、我々の日々の心がけ!

省電とは、少ない電気量で動く冷蔵庫など、省電力化は各メーカーにがんばっていただくとして。

期待の蓄電、電気を効率的に溜め込む、これがとっても難しい。

そして発電技術へのアプローチは、少しでも効率的に無駄なくエネルギーを電気に変えること。

にしても再生可能自然エネルギーは基本的にはどれも発電の技術。

その中で唯一バイオマスだけが蓄電と発電をの両方のアプローチを併せ持つ。

ところでバイオマスとは

  • バイオディーゼル
  • バイオエタノール
  • バイオガス
  • 炭や木質ペレットなどなど

バイオディーゼルとバイオエタノールは菜種などの種子から

バイオガスはコーンなどの茎から、葉から、実まで、そしてし尿や糞尿、食品残さも・・・

ってことで作物、食品の残さ、し尿や糞尿は貯蔵が可能。

それは正に蓄電。

太陽光エネルギーを光合成によりバイオマス(生物体)に固定した作物、それらを食べて出た糞尿や、それらを利用して作られた食品の残さ。

バイオマスはある意味で太陽光発電と同じ。

しかもカーボンニュートラル。

カーボンニュートラル???

from ゲッティンゲン

※2011年8月23日(火)の日記より

シェアしていただけたら飛び跳ねて喜びます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です